カリブロ

日本で社畜だった広島カープ好きの男がカリブ海へ!! スペイン語・ガジェット・雑記を綴るブログです。

爆音且つ低音が大好き!!

ボクは音楽が好きでオーディオマニアの域に達してはいませんが音楽に関連するガジェットが好きです。

あまり上手くはないですが、ギターを弾いたりもします。

DAWを動かしたりもします。

なのでドミニカの音楽も気になったりします。

 

f:id:cariblog:20180713040316j:plain

音楽に関しては、また、書きたいと思いますが、今日は、ドミニカーノたちのサウンド嗜好を少し記事にしたいと思います。

 

そう、表題通り爆音大好き!!低音大好き!!なのであります。

 

サウンド嗜好 

サウンド嗜好(ここでは、音楽の味付けとします。低音がある方が好きとか高音のヌケが良い方が好きなどです)は聞く音楽のジャンルによって異なりますね。

例えば、クラシックがお好きな方は、ストリングスに合わせてイコライジングするでしょう。低音部分や高音部分を少し上げるイコライジングが多いでしょう。

アニソン好きで、特に好きな女性声優が歌っている曲なら、その女性声優の声を聴きたい!!ってなると、ボーカルを特に重視した、つまりボーカルが際立つイコライジングにします。700〜800kHz周辺の上げたりして聞きやすくしたりもします。

意外と好みのサウンドって千差万別ではありますが、好きな音楽とサウンド嗜好は密接にリンクしているでしょう。好きな音楽とファッションが同じように、サウンド嗜好も。

 

さて、皆さんはどんなサウンド味付けがお好きでしょうか?

 

ボクが滞在している周辺のドミニカーノたちの好きな音楽はダンスができる曲です。

あ、もちろんボーカルが主役の曲もたまに聞こえてきますよ。でも、大半は踊れる曲です。

特に国民的な音楽やリズムと言っていいと思いますが「メレンゲ」と「バチャータ」は常に流れています。

その日の8,9割はその2つのジャンルの音楽がいたる所から聞こえてきます。

街のコルマドからも、アパートの隣や下の階からも。

 

 

ボクのステレオタイプ的思考なのですが、ダンスが好きは低音好きといものがありまして(もちろん、クラシカルなダンスではなくクラブ等で踊るダンスです。)、まさにその型にドミニカーノはハマっているのではないかと思っています。

なぜボクがそのステレオタイプなのかというと、ベースラインやバスドラム、つまり低音を担う部分が曲のリズムや印象付けノリを生むからです。つまり低音が強調されてないとノリづらいと思います。なので、ダンス好きは低音を好むと言う単純な思考をしているわけです。

 

 

さてさて、実際どうでしょうか?

ボクが耳にする音は低音がやたらと強調されている音楽が聞こえてきます。それも面白いことに曲を流している人の年齢に関係なくです(笑)

コルマドから聞こえてくる音楽然り、ボロボロの自動車から聞こえてくる音楽も、60代のおっちゃんが流すスピーカーからも、迫力のある低音が聞こえてきます。

はっきりとは確認していませんが、さっと見た感じでもイコライザーがあれば低音部分はもちろんブーストされています。

ウーハーが置いてある様子もないのに、(ただし、どこから見つけてくるの?と言うような低音も確実に聞こえる巨大なスピーカーは多いですよ。それも何台も設置されたりしています。)体や家を揺らすほどの低音が。

 

日本では普段の生活でそこまで低音を感じませんが、こちらでは感じます。

低音好きにとっては夢の国です。

 

 

爆音当たり前!!

低音がやたら強いドミニカーノのサウンド嗜好を紹介してきました。

では、音圧レベルはどのくらいでしょうか?

 

ま、察しの通りです。表題にも書いていますしね。

ただ、また、ここでボクのステレオタイプ的思考があります。ま、これはより一般的だと思いますが…

低音好きは爆音大好き!!というものです。

迫力のある低音を出すには、ある程度の音圧レベルが無いと、ただお腹にズシズシ来るだけで気持ちが悪いと思います。爆音の中で感じる、あの低音であるからこそ意味があるのであって、迫力を感じられるわけですね。

 

従って、ドミニカーノはもちろん爆音が大好き!!

 

と、言うことで論より証拠。

近くのコルマド店内で流れている音楽を勝手に音圧チェックしました。

方法としては、スマホのアプリを使用して確認しました。

最近は、その手のアプリが、iosでもandroidでもどちらでもありますね。

音圧などの各データの正確性・信頼性はどれほど担保できるのかわかりせんし、スマホ自体のマイクの性能なども影響してくると思うので、確実に正しいと言えませんが、参考になると思います。

 

使用スマホとアプリはこちら

〈スマート・フォン〉

Huawei p10 lite

〈アプリ〉

Sound Analyzer App

 

これで調べてみました。

 

曲は、何の曲かわかりませんでしたが、女性ボーカルでした。

その時は、メレンゲやバチャータではありませんでしたが、こんな感じです。

f:id:cariblog:20180711223816p:plain

85デシベル付近の爆音です。

どのくらいの大きさかと言いますと、電車内の騒音と一緒のレベルです。

隣の人の声も注意して聞かないと聞こえません。

 

それも、右上に注目してください。

”21:12”

21時にこの大きさw

防音対策もされていない空間でです。

店の中とは言え、ドアが閉まっているわけでなく常に空いていますので、完全に音漏れします。

何十メートル離れたところでも聞こえますw

 

よく苦情が出ないなと思います。

 

重低音の25Hz付近もしっかりと出ています。ウーハーがあるわけじゃないのにw

さすがですw

 

まとめ

重低音好きで爆音好きの方にとっては夢の国です。

老若男女問わずしてほぼ一致した音楽嗜好です。

迫力のある低音を効かせて近所を気にせず、十分な音量で、パワーだけはすこぶるあるチープなスピーカーで音楽を聞いてみませんか?