カリブロ

日本で社畜だった広島カープ好きの男がカリブ海へ!! スペイン語・ガジェット・雑記を綴るブログです。

【報告】スペイン語の単語1500語を1ヶ月で覚える(途中経過)【1周目】

ちゃんとスペイン語の勉強もしております。

カリブロの筆者でございます。

本日も皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、先日からスペイン語の学習も本格的に初めています。と言っても、留学ってわけでも無いので、独学です。

ドミニカに滞在しながら独学で取り組んでおります。

まだまだ、思うように伝えることも聞くこともままならない状態です。

 

そこで、ちゃんと学習をしなければと思い、取り敢えず単語に比重において頑張ろうと思いこの記事を書きました。

 

 

cariblog.hatenablog.com

 

と、いうものです。

あの記事を書いた翌日から1日300語を目安に回しています。

さて、その1回目の途中経過を誠に勝手ながらご報告させて頂ければと思います。

同じくスペイン語を勉強されている方の参考になればいいなとも思っております。

では、報告です。

 

使用教材

この前の記事にも書きましたが使用している教材は

「NHK出版 CDブック これなら覚えられる! スペイン語 単語帳」

 

CDブック これなら覚えられる! スペイン語単語帳

CDブック これなら覚えられる! スペイン語単語帳

 

 

 

チェック方法

先日のブログにも記載しましたが、自分がどれほど覚えたかを可視化しないと意味がないかなと思います。実際、覚えた数を知ることはモチベーションを上げることにもなります。その数を見ると自信も付きますし、もしくは、もっとやらないといけない!という良い意味での焦りや危機感を植え付けることも出来ます。

 

そして、実際に結果が出るならば全ての人とは到底言えないですが、同じように取り組んでおられる方の励みになるかなと思いますし、自分にとっての一つの学習モデルにもなるだろうと思います。

そこで、今回は次のような表を作成しました。

 

 

こちらです。

f:id:cariblog:20180627232004p:plain



 

このような表です。

内容を説明しますと…左から…

[単語数]1516 (各単語+気になる表現をプラスしてそれぞれに番号をつけました)

[単語]スペイン語の単語を記しました。(例:uno)

[意味]上記単語の日本語訳・意味を記しました。(例:1)

[1−6]周回番号。各周に覚えた(記憶している)単語にはチェックをつけます。

[分類]単語の品詞等を記します。

 

これでデータを取ることにしました。

 

一応、著作権のこともありますので、どのような表現や単語が書かれているのかは隠しています。どのような単語が書かれているかは実際に本をご確認下さい。

 

 

覚えた単語の数(1週目)

1周目で実際にどれほど覚えたでしょうか?と、言うよりも1回目はどれだけの単語を知っているかの確認になります。

つまりは、ドミニカに来て辞書を調べたり、また、何かを言いたい時に調べて使った単語がどれほど頭に残っているかの数が分かります。

 

その数はこうなりました。

f:id:cariblog:20180627232005p:plain



真ん中下辺りに数字があります。

 

221

 

1周目では、221の単語を覚えていました。

約1ヶ月の滞在でこのくらいの数の単語が頭の中に入ると言うことだと思います。次回以降この数字がどのように変化していくでしょうか?

f:id:cariblog:20180628130536j:plain



次回に向けて

私が、今回の単語を覚えるための方法としては、英語講師の関正生先生の方法で勉強しています。その先生曰く、2周目3周目では手応えが無いとの事です。それが正しければあまり大きな数字の変動は無いと言うこと思います。

なので、落胆すること無く進めて行きたいと思います。

f:id:cariblog:20180628131921j:plain

 

 

 

次回の報告は、来週の月曜日か火曜日あたりです。

それでは。

 

 

※今日も、ボクのブログを読んで頂きありがとうございます。読者や星をつけて頂ければ幸いです。皆様の評価が、ボクの励みになります。