カリブロ

日本で社畜だった広島カープ好きの男がカリブ海へ!! スペイン語・ガジェット・雑記を綴るブログです。

【ドミニカ食品レビューシリーズ】コーヒー豆 Monte Alto (モンテ・アルト)【コーヒー】

さて、先日のドミニカ料理教室シリーズと題して第1回の家庭料理をご紹介しました。

今回は、新たなシリーズとして、ドミニカのスーパーマーケットやコルマドで販売されている商品をレビューしてみたいと思います。

 

ドミニカ料理教室シリーズ第一弾はこちらから… 

cariblog.hatenablog.com

 

 

 

まずは、やはり「食」に関するモノは気になると思います。

短期で旅行するにしても普段生活しているものとは違うものを口にしてみたいですし、また、金額がお手頃で、尚且、味もよいのであればお土産にももってこいです。

もし、ドミニカに立ち寄る機会があればその参考にして頂ければ幸いです。

 

さて、今日はコーヒー豆をご紹介します。

 

記念すべき第1回目にご紹介するのは…

'Monte Alto' 

Mote Alto

それがこちらです。

茶色のパッケージにモンテ・アルトと記載されて陽気なドミニカンがこのコーヒーをドヤ顔で紹介しています。

茶色のパッケージが目印です。

 

モンテ・アルトの会社情報はこちら。

www.lonelyplanet.com

モンテ・アルトのホームページが見当たらなかったのでGoogleで”Monte Alto Dominica"と検索した際に最上位に出てくるロンリープラネット社の情報のみ、リンクを貼っておきます。Monte Altoだけで検索をかけても会社のホームページは存在しないようなので、ご注意を。

 

このコーヒーはボクが滞在している所のスーパーでは大抵見かけるコーヒー豆です。

何種類かメーカーのコーヒーを飲みましたが、初回はこれをレビューします。その理由は後ほど。

 

パッケージ横にはこのような記載があります。

 

ボクのつたないスペイン語知識を生かして要約したいと思います。

特別なモンテ・アルトコーヒーは、ドミニカ中央部に位置するハラバコア(都市名)の高い山々にあるプランテーションで注意深く精巧に仕分けられたコーヒー豆をミックスしています。

それらの地は、コーヒーにおいて最適なアロマや香りをお届けすることに必要な気候や土壌があります。

みたいなことが記載されています。すみません。文書下手で。

すみません…スペイン語でそこまで訳しきれません。

 

なんである程度翻訳できたのか…それは、英語も記載されていたからです。

 

でも、いずれにしろ訳がおかしい!!と思われている方もおられると思います。

もっと勉強します。反省。

 

内容物

さて、豆はどんな感じでしょうか?

これが、豆の画像。

焙煎の具合からすると、中煎りから深煎りくらいかなと思います。

ハイローストからもうちょっと煎っていると思います。至って標準的かちょっと深めでしょうか。

 挽き具合は、細挽きや中細挽きかと。まあまあ挽いています。

メーカーのパッケージには、どれくらいの焙煎で挽いているのかも記載されていませんのでご注意を。(従って、完全なるボクの見た目で判断しています。これは極細挽きだ!!という感じあればコメント下さい。)

 

これはボクの勝手な見解ですが、ドミニカの地元の方は基本的にエスプレッソのメーカーでコーヒーを淹れます。

こういったものですね。

f:id:cariblog:20180627123326j:plain

なので、細めの挽き具合になって、深めに煎り方なのかもしれません。

 

でも、今回は普通のドリップ式のコーヒーメーカーで淹れました。

 

試飲

色は、このような感じ。

f:id:cariblog:20180627112602j:plain

 

さて、味の評価です。ブラックで飲みます。

 

評価!!

評価:★★★☆☆(5段階評価)

アロマやフレーバーは、苦味を伴うよな香りです。ちょっとスモーキーさもあり、少し重厚さがあります。ドミニカのコーヒーの中で軽やかな方では無いと思います。

ドミニカのコーヒーは、どれも口当たりが良いのですが、モンテ・アルトは、甘味・苦味・酸味の中で比較的苦味に比重があります。後味も、苦味を感じます。

ボディバランスは、バランスが取れていると思います。極めて標準的です。若干、コクがある方でしょう。

雑味やえぐ味も感じません。

日本で市販されているコーヒーメーカーのコーヒーと似たタイプのものがお好きな方は、これをチョイスされて見るのはいかがでしょうか?

 

このコーヒーは、日本のコーヒーと似ているのでドミニカの基準となるコーヒーかなと思います。

従って、評価としては、標準的なコーヒーなので★3つにしました。(美味しくないってわけじゃありませんでご了承を…)

 

因みに、今回のコーヒー豆を購入した価格は

1ポンド(454グラム) 215ドミニカ・ペソ(約476円 2018年6月現在)

(他の、内容量のものもあります)

某輸入食品等を取り揃える”KルディさんのマイルドKルディは200gでネット通販だと496円(税込)なので、それと比べるとお安いですね。

 

 

 

どうでしたでしょうか?

第1回目の食品レビューです。

コーヒーはよく飲む方なので、他のメーカーもレビューしたいと思います。

 

 

 

※今日も、ボクのブログを読んで頂きありがとうございます。読者や星をつけて頂ければ幸いです。皆様の評価が、ボクの励みになります。