カリブロ

日本で社畜だった広島カープ好きの男がカリブ海へ!! スペイン語・ガジェット・雑記を綴るブログです。

ドミニカの水道事情

日本で生活しているとあまり困らないインフラの一つに「水」があります。

豊富な水量で、また浄水場の施設もしっかりとしているので、こだわらなければ飲んでもお腹を壊すことは無いですよね。本当にきれいな水道水が供給されています。

供給量はどうでしょうか?場所によれば、例えば、あまり大きな川のない四国などは毎年降雨量が少なければ取水制限になりますが、最近では断水になったという話は聞かないと思います。あまり考えたくないですが、現在多くの方が被害を受けられている震災時にはそのようなことも有ります。しかし、何かのトラブル以外では供給されないことはありません。供給量もしっかりしています。それほどまでに日本の水道設備は整っています。

また、取水制限になったとしても普段の何%水圧を緩める等して供給量を減らすような対策かと思います。

さて、ドミニカ共和国の水事情はどうでしょうか?

 

 

ドミニカ共和国の水道水は飲める?飲めない?

答え…飲めません。確実に日本人はお腹を壊すでしょう。直接飲むのはやめましょう。

沸騰させた水は?微妙ですが、これでもお腹が壊す可能性があるので、オススメしません。水道水を飲料するのは止めておきましょう。

 

ただ、ここはカリブ海に浮かぶ島です。

日中の日差しはキツくすぐ喉が渇きます。場所によれば、比較的乾燥している部分もありますが、カリブ海側にある首都のサント・ドミンゴや北部に位置するサンティアゴも蒸し暑く確実に水分補給をしっかりしないと倒れちゃいます。

日本だったら熱くなったらコンビニ寄って緑茶でも買おうかなとなりますが、ここはドミニカ共和国。そのようなことが出来るのでしょうか?

 

出来ます。ドミニカ共和国には「Colmado(コルマド)」という商店があります。それも点在しています。コルマドに関する記事は、また、後日記載したいと思いますが、要はドミニカ共和国のコンビニ的な所。日本においてはほぼ無くなっていると思いますが昔の個人商店のようなところです。

コルマドに立ち寄ると、ジュース・洗剤・お肉・バナナ等生活に必要なものはある程度揃います。(ホウキもあるよ)

そのコルマドで、ミネラルウォーターを買うことが出来ます。

金額は、種類によりますが、一般的に売られているものは約500mlで10ペソ(日本円で2018年6月現在約23円)です。日本人の感覚からしたら安いですね。

 

コルマドに寄ったら難しい言葉もいらず"Agua(アグア!!)"と10ペソを出しながら言いましょう。冷えたペットボトルを購入することが出来ます。

 

自宅で使える飲料水はあるの?

ここで、問題になるのは自宅で使える飲料水です。500mlの飲料水を料理で使用すると莫大な費用がかかります。ストックも困るでしょう。

そこで、飲料水はこちらの写真の、いわゆるウォーターサーバーのようなもを常備しています。

 

f:id:cariblog:20180618194643j:plain



こちらもコルマドで売っています。金額は初めて買うときは、容器込みで約90〜100ペソ前後です。その後は、約45ペソ程(地域によって格差があります。隣町では、50ペソでした。)で、容器ごと交換します。内容量は5ガロン。

2二人で生活していると約1週間くらいは持ちます。飲料水やお料理に使用する水として使えます。

注意点があります。コルマドで水を買うときは、同じメーカーのものでないと45ペソで交換できません。現在使用しているのは、"Agua Manatial Pimentel"のお水です。他にも、数社存在します。地域によって得意のメーカーがあるようで、同じメーカーのものを探すのに苦労することもあります。買うときは、周りのコルマドにどんな会社の水が多いかを見極めて買うことをオススメします。

 

たまに断水する水道

水道の供給は、地域によって格差があるようです。また、住んでいる地区から車で5分移動した所としても、常に供給されるとは限らないのがドミニカというところです。そのようなとこは、水道が供給される時に、大きな瓶に水を満載にします。そのようにして水を貯めて生活するために使います。

ボクが住んでいるところは、水の供給が良いところです。因みに、水道水の使用料は…なんと…1ヶ月で…無料!!

そう、無料なんです。驚きますよね。しかし…たまに断水があります。

それを防止するためにアパートや一般家庭にもたいてい水を貯めるタンクがあります。

 

プラスチック製のウォータータンクをこちらでは、”Tinaco(ティナコ)”と言います。建物の屋上には様々な形や大きさのティナコが建物に1つは設置されています。無論大きい方が貯水量も多いので、断水になることも少なくなります。断水が少ないと洗濯やシャワーを浴びるのにも苦労することも少なくなります。しっかりした大家さんになると各部屋専用のティナコが設置されるところもあります。

 

アパートや家を借りる・購入の為に選ぶときは、その建物の周囲の水がどれほど供給されているか?また、アパート内の戸数に対してどのくらいの大きさのティナコが設置されているか?等を考慮することも大切なポイントです。

そして一番重要なポイント!!

大家や管理人がしっかりしているところ。

つまりすぐに対応してくれる所を選びましょう。と、言うのも水道が供給される時は、ある一定の時間の時だけということもあります。その際に、すぐポンプで天井にあるティナコまで水を上げないと1日中使用できないこともあります。なので、大家がその時に迅速に対応してくれる所は本当に重要になります。

 

どうでしたでしょうか?ドミニカの水事情。

少しだけ水の状況を記しましたが、日本のようには行かないのがよくわかります。

ドミニカに長期滞在をお考えの方は水事情も考慮に入れてみて下さい。楽しい滞在が待っていますよ。